気にしなくていい、は大きな第一歩だと思う。

さまざまな弊害

寝汗対策

多汗症になると、さまざまな弊害を引き起こしてしまいます。まず挙げられる弊害として、「衣類の汗染み」があげられます。多汗症とは、通常よりも汗をかいてしまうため、ちょっとしたことでも大量の汗をかいてしまい、それが衣類に浸透して「汗染み」を作ってしまいます。黒色の服や白色の服を着ていた場合、それは特に目立たないため汗染みが気になってしまうようなことはないのかもしれませんが、それがグレイや緑、ピンクなどの色物を着ていた場合、汗染みはかなり目立ってしまい、周囲の人から「あの人、凄い汗・・・」と思われてしまうようにもなってしまいます。
それは、周りからの印象を悪くしてしまうことにも繋がるのです。また、周囲の人に「不快感」を与えてしまうことにも繋がります。